志太経済懇話会とは

志太地域、藤枝市・焼津市・島田市の経営者、経営幹部が集まり、経済人の立場から、地域の政治・経済の活性化に向けて、研究・実践・意見交換をし、その成果や、集約された意見を発信、地域社会の発展に貢献する事を目的としております。

活動内容

経済に関する活動を主に、その時々の社会情勢・経済状況に合致した委員会を編成し、テーマを決めて委員会活動を行います。
そして、その委員会活動を基に例会や講演会、経済セミナー等を開催いたします。
日常活動に於いては、会員相互の連携・親睦をはかり、情報を交換し、会員自らのビジネスチャンスの獲得・拡大、そして個々の会員が抱える問題の解決も主な活動の一つです。

志太経済懇話会 定款

第1章 総  則

(名 称)
第1条 本会は、志太経済懇話会と称する。
(事務所)
第2条 本会の事務局は、藤枝市城南2-7-3におく。
(目 的)
第3条 本会は、経済人としての職能的立場から志太経済の進歩と安定に寄与し併せて会員相互の啓発を図ることを目的とする。
(事 業)
第4条 本会は、前条の目的を達成するため、下記の事業を行う。
1.経済・社会問題に関する調査及び研究。
2.前項に関する審議、立案、建儀。
3.国内外経済団体との交流及び協力。
4.会報発行、前各号に係る出版。
5.会員相互の交流及び親睦を図る。
6.その他、本会の目的達成に必要な事業。

第2章 会  員

(会員の種類)
第5条 本会は、次の者をもって構成する。
1.正会員
本会の趣旨に賛同する進歩的な企業経営者及び経済団体役員またはそれに準ずる者とする。
2.特別会員
本会の趣旨に賛同し、本会の活動に寄与する者を特別会員とすることができる。
3.会員及び特別会員の入会については、役員会が決する。
(入会及び会費)
第6条 会員の入会及び会費については次とする。
1.会員として入会しようする者は、入会申込書を会長に提出し、役員会の承認を得なければならない。
2.会員は、所定の入会金及び会費を所定の期日までに納めなければならない。
(議決権)
第7条 会員は、各1個の議決権を有する。
1.会員は、議決権の行使を会員以外の者に委任することはできない。
(地位の移転)
第8条 会員たるの地位は、他の者に移転することはできない。
(退 会)
第9条 会員が退会をしようとするときは、退会届を会長に提出し、会長が役員会に報告する。
(資格の喪失)
第10条 会員が次の各号のひとつに該当するときは、役員会の承認によりその資格を失う。
1.退会
2.本人の死亡
3.会員が所定の会費を納入しないとき
4.除名
(除 名)
第11条 会員が本会の名誉を毀損したときは、役員会の決議により除名することができる。

第3章 役  員

(役員の構成)
第12条 本会に次の役員をおく。
1.会長         1名
2.副会長       若干名
3.運営専務       1名
4.監事(監査役)   若干名
5.直前会長       1名
6.委員長       若干名
7.事務局長       1名
8.会計         1名
9.顧問        若干名
10.その他の役員は必要に応じて置くことができる。
(役員の任期)
第13条 役員の任期は次のとおりとする。
1.役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
2.役員の任期の満了の場合において、前任者は後任者の就任する迄は引続きその地位を保有するものとする。
(役員の職務)
第14条 役員の職務は次のとおりとする。 
1.会長は、本会を代表して会務を総理する。
2.副会長は、会長を補佐して会務を掌理し、会長が予め定めた順序により、会長不在のときはその職務を代行する。
3.運営専務は、会長、副会長を補佐して、常時会務を統括する。
4.監事(監査役)は、本会資産の運用方法並びにその状況及び本会の事業の状況を監査する。
5.直前会長は、会長経験を生かし、本会運営に助言を行う。
6.委員長は、各事業の遂行に当たる。
7.事務局長は、本会の事務及び会計を処理する。
8.会計は、資産運用及び管理について、これを総括し、その職務を遂行する。
9.顧問は、会長の諮問に応じ、本会運営に助言を行う。
(特別役員)
第15条 本会に名誉顧問、政治顧問、相談役、出向役員を各若干名置くことができる。
1.特別役員は、役員会の推薦に基づき会長が委嘱する。
2.特別役員は、会長の諮問に応じ、本会運営に助言を行う。

第4章 役員の選任

(役員の選出)
第16条 役員の選出は、次のとおりとする。
1.会長は会長選考委員会で選出され、会長選考委員長により役員会に報告、総会にて承認を得る。
2.会長選考委員長は、直前会長がこれにあたる。
3.会長以外の役員の選出については、会長が会員の中から選出し、役員会に報告、総会にて承認を得る。
(役員の欠員)
第17条 役員の欠員については、次のとおりとする。
1.役員に欠員を生じたときは、役員会の決議によりすみやかに後任者を選任するものとする。
2.前項の場合における後任者の任期は、前任者の残任期間とする。
3.第1項の規定により後任者を選任したときは、直近の会員総会に報告しなければならない。

第5章 会  議

(会議の種類)
第18条 本会は次の会議を行う。
1.通常総会
2.臨時総会
3.役員会
4.例会
5.委員会
6.その他の会議
(総 会)
第19条 総会は通常総会及び臨時総会とする。
1.通常総会は、毎年1回、年度初めに開催する。
2.通常総会は、会員総数の出席及び委任状の数が1/3以上で成立する。
3.通常総会の議決は、出席会員の過半数の同意を必要とする。但し、可否同数の場合は議長の決するところによる。
4.臨時総会は、会員総数の1/5以上から開催の請求がなされたとき、または役員総数の1/3以上から開催の請求がなされたとき、また会長が招集する必要を認めたときに開催する。
5.総会は、書面をもって会長が招集する。
6.総会の議長は、会長がこれにあたる。
(総会決議事項)
第20条 次の事項は、総会の決議を必要とする。
1.定款の変更
2.入会金及び会費の金額及び徴収方法
3.収支予算及び決算
4.役員の選任に関する事項
5.資産運用及び管理の基本方針に関する事項
6.本会の解散及び残余財産処分の方法
7.その他、本会運営の基本事項
(役員会)
第21条 役員は役員会を構成して会務を決する。
1.役員会は会長が随時これを招集し、第12条に規定する役員をもって構成する。  
2.役員会は、原則的に毎月開催する。
3.役員会は、役員総数の2/3以上の出席をもって成立する。
4.会長が必要と認めるときは、臨時に役員会を招集することができる。
5.役員会の議決は、出席者の過半数の同意を必要とする。
6.第11条に規定する会員の除名及び第17条第1項に規定する役員の欠員補充に係る役員会の議決は、前条第4項の規定にかかわらず役員会を構成する者が過半数出席し、出席者の3/4以上の同意を必要とする。
7.役員会の議長は、会長がこれに当たる。但し、出席した役員の承認を得て会長が議長を指名することができる。
(例 会)
第22条 本会はその目的を達成に必要な事項を調査、研究及び会員相互の意思疎通を図るために例会を開催する。
(委員会)
第23条 本会は、第3条の目的を達成するために委員会を設置する。

第6章 会  計

(運営費)
第24条 本会の経費は、入会金及び会費等をもってあてる。
(会計年度)
第25条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。


付 則

2012年5月24日 改定

トップページトップページ
トップページトップページ
トップページトップページ
トップページトップページ
トップページトップページ
トップページトップページ
トップページトップページ