活動報告:委員会

2017年 8月開催

ロシア研修視察旅行

【上程者】 研修視察委員会委員長/杉野直樹
【開催日時】 2017年8月26日(土)〜8月29日(火) 3泊4日
【研修視察先】 ロシア・ウラジオストック&ハバロフスク (シベリア鉄道)

【委員長所感】
昨年度、北海道の地で、ロシア空軍の領空侵犯に対するスクランブルが年間250回を超えたというお話を航空自衛隊千歳基地から伺いました。そこで、ロシアとはどれほどの国なのか、ロシアから見た日本はどのように見えるのかを知るため今事業を計画しました。実際にロシアの地に降り立ち、文化や民度、軍事力についても若干触れてまいりましたが、大国の様子は無く、むしろ衰退している印象を受けました。

2年に渡り、国防をテーマに、北の地を学びの地とし、歴史上日本国民の多くが知らされていない終戦後のソ連軍の侵略、それを阻止するため北方4島で戦い抜き見事追い返した偉大な先人、ソ連の地で戦後抑留され迫害を受けながら、極東の地に追われ、無念にもお亡くなりになられた日本人に対し、心から哀悼の意と敬意を表し、この研修で知りえた真実を、少しでも多くの国民に伝えていく事を約束し、ここに、研修視察の成果として報告させていただきます。

トップページトップページ
トップページトップページ
トップページトップページ
トップページトップページ
トップページトップページ
トップページトップページ
トップページトップページ